美容情報

薄毛を予防する洗髪方法

最近髪が薄くなってきた・・・抜け毛が多い・・・ボリュームが足りなくて髪型が貧相など、薄毛で悩む女性の方は多いです。女性の薄毛は男性と同じく、いえ男性以上にさまざまな原因がありますが、主な原因は女性ホルモンの乱れです。
最も多いのが、加齢により女性ホルモンのバランスが乱れることによる薄毛で「びまん性脱毛症」と呼ばれ、部分よりも全体が薄くなるのが特徴です。その他にも閉経により、女性ホルモンと女性にもわずかにある男性ホルモンのバランスが変化する「女性男性型脱毛(FAGA)」、アップスタイルなど髪を引っぱることで発症する「牽引性脱毛症」、出産後一気に髪が抜ける「分娩後脱毛症」などがあります。もちろん、ストレスや食生活、ダイエットなども関係してきます。

根本的に治療するなら女性薄毛専門のクリニックに行くのが近道ですが、日常の中でも気を付けていけることはたくさんありますので、洗髪のことだけご紹介します。
シャンプーを使う前にお湯で洗うことをしっかりやりましょう。それだけでも汚れはだいぶ落ちますし、シャンプー剤の泡立ちもよくなります。シャワーヘッドを手で持ち、いろんな角度から頭皮と髪にお湯をかけてみて下さい。ヘアサロンの美容師は、お湯でのプレシャンプーを1分間はしているといいます。
すすぎもシャンプー剤が残らないようしっかりした後、ドライヤーで手早く乾かします。濡れたままだと頭皮の常在細菌が繁殖して、抜け毛の原因になる炎症が頭皮に起きてしまうそうです。夏の自然乾燥が、秋の抜け毛の原因になっているのですね。

頭は濡らすだけ、髪は自然乾燥で通してきた人はもったいなく感じるかもしれませんが、自分へのケアだと思って、シャンプーの方法を変えてみましょう。